Accessory

失敗しないカメラバッグの選び方とは?バッグの種類やおすすめ商品を紹介します!

2022年5月9日

家電量販店に行くといろんなカメラバッグがあってどれを買ったらよいか迷いますよね。
私もそのひとりでした。カメラをはじめ買いたての頃は綺麗に傷がつかないようにとタオルでぐるぐると巻いて普通の市販リュックにいれて持ち運んでいましたが、レンズが増えるにつれてより容量があり、収納しやすいカメラ専用のリュックを購入しました。

どのような場面で、また持ち運び手段によってもおすすめのカメラバッグのタイプが異なってくるのでこの記事ではカメラバッグの種類と選び方について紹介します。

カメラのバッグには大きく分けて4つのタイプに分かれます。

メモ

リュックタイプ

ショルダータイプ

ウエストタイプ

スーツケースタイプ

カメラバッグの特徴

それぞれのバッグの特徴を見ていきましょう。

リュックタイプ

カメラやレンズの量が多くなっても持ち運びが便利なのがリュックタイプです。
背中に密着した状態で運べるので体への負担は小さめです。家電量販店でも多くの種類が出回っており、自分が普段持ち運ぶ機材の量に合わせてサイズのチョイスが可能です。

ショルダータイプ

レンズを2列に並べて収納するボックスタイプと1列に収納するタイプがあります。
機材の出し入れがしやすく、もっともオーソドックスなカメラバッグです。
ただ機材の量が多いと腰や背中の負担が大きくなりやすいです。

ウエストタイプ

収納力はあまりありませんが、携帯性が高くアウトドアなどで定番の存在になっています。
機材の量が少ないときに丁度いいです。機材の出し入れがしにくいリュックタイプと併用することで利便性が向上してGOOD。

スーツケースタイプ

機材の収納力は申し分ないですが、それだけ大きくて重たいのが難点です。
スタジオでの撮影や車で移動がメインになるときは重宝できそう。ホイール付きであれば移動時の労力をやや軽減できそうです。

カメラバッグの選び方

リュックタイプのカメラバッグの選び方

機材の収納スペースは?
機材の収納スペースがどこにあるかはチェックするポイントです。上部からカパッと開けるタイプと上下2気室でどちらにも機材を収納できるタイプがあります。後者の方がトレッキングなど荷物が多いシーンではおすすめです。重たいものを上部に、軽いものを下部に詰めることで背中、腰への負担が低減できます。

バッグ自身の重さは?
全体的にウレタン素材が入って頑丈に作られているものはカメラの保護力が高い反面、重たくなります。軽い方が機動性が良いのは自明でバッグ本体の重量バランスも考えていいものを選びたいです。

三脚は装着できるか?
三脚を取り付けれるかどうか、またバッグのどこに取り付けれるかも選ぶ重要なポイントになりそうです。三脚はそれ自体に重量がありバランスを崩しやすい原因になります。理想はバッグの複数の場所に取り付けれるのが便利です。

雨天時でも撮影可能か?
トレッキングや風景撮影などで突然の雨にも対応できる防水性が必要です。レインカバーが内蔵されているかもチェックしておきたいです。もし付属していない場合は市販のものを用意しても十分事足ります。

おすすめ商品

Advanced コンパクト バックパックIII

Advanced コンパクト バックパックIII』はバッグの上部にカメラ機材の収納スペースがあり、上から出し入れができるデザインになっています。コンパクトカメラと、サイズによって2〜3本の交換レンズを収納することができます。
下部のコンパートメントは、衣類やMAPなどの身の回り品をたくさん収納することができ、機材とは別の出し入れ口が用意されています。
また、13インチまでのノートパソコンを収納できる専用のコンパートメントも備えられています。内部の間仕切りレイアウトはカスタマイズが可能で、カメラの効率的な保護とスペースの有効活用が可能となっています。
小型の三脚であればサイドポケットに入れて持ち運ぶことができます。サイドポケットは伸縮性があるため、ドリンクボトルや折りたたみ傘などを入れることもできます。表地はすべて撥水処理が施されており、さらにレインカバーが付属していますので、天候を気にせず撮影に出かけることができます

フリップサイド 300 AW III

フリップサイド 300 AW III』は、バッグの背面を全開にして容易に機材の出し入れができるリアアクセス方式が特長で使いやすさと機材の保護性能が強化されています。
バッグの表地には PU コーティングを施した素材を採用し、防水性を高めています 雨や雪、埃等から機材を守るオールウェザーカバーが付属しています。
一眼レフや交換レンズ、コンパクトサイズのドローンや10インチのタブレット等まとめて収納可能でスマートフォンやケーブル類の収納に適したフロント収納パネルを装備しています。 取り外しが可能なアクセサリーポーチも付属しています。

ショルダータイプのカメラバッグの選び方

仕切りは自由に変えられるか?
機材のサイズに合わせて中の仕切りを自由に組み替えられるタイプが使いやすくて便利です。カメラによって大きさがまちまちであり、中仕切りの自由度があると無駄なくスペースを活用することができます。

ショルダーのパッドのクッション性は?
ショルダーパッドのクッション性も重要です。実際に店頭などで掛けてみてしっくりくるものを選ぶのが賢明です。滑り止め効果の高いパッドだと疲労感を軽減できます。

ショルダーを掛ける肩は?
ショルダーバッグを肩に掛けるときに左肩に掛けるか、右肩に掛けるかは人によって異なります。片開きのファスナーだと使いづらいことがあるのでできれば両開きファスナータイプのショルダーバッグを選ぶのがおすすめです。

おすすめ商品

Lowepro ショルダーバッグ ノバ200AW II 12.8L

ノバ200AW II』は数多くのカメラバッグを展開するLowproのなかでも人気の高いショルダーバッグです。レンズ付きの一眼レフカメラ+交換レンズ4-5本+ストロボが収納可能です。高い収納力を持ちながら重量は1.22kgという軽さに収まっています。メモリーカード専用ポケットなどアクセサリーポケットが充実しており、縫込み式のレインカバーも装備されていて雨の日の心配もありません

 

ウエストタイプのカメラバッグの選び方

リュックタイプと併用するか?
機材の出し入れに手間のかかるリュックなどと併用できれば容量の小さいものでも可能ですが、ウエストタイプ単独での使用だとある程度の大容量のものが欲しくなってきます。

容量アップできる付属品があるか?
ベルト部分にポーチなど別売りのものを装着できるのであれば機材の量に合わせて変えられるので便利です。

おすすめ商品

シンクタンクフォト スピードチェンジャー V3.0

シンクタンクフォト スピードチェンジャー V3.0』はカメラや小物類を収納できるコンパクトなウエストバッグです機材の出し入れがしやすいように上部の開口部は大きなデザインになっています。グリップ付一眼レフを1台、または標準ズームレンズ1-2本を収納出来ます。レインカバーも付属しています。

スーツケースタイプのカメラバッグの選び方

中の仕切りの数と自由度は?
中の仕切りを自由にカスタマイズできると、使用頻度の高いものを撮りだしやすい位置に移動デキたり便利です。

2輪or4輪?
ローラーの数にも違いがあります。。2輪は主流ですが、人ごみの多い場所ですれ違いざまに他人の足とぶつかったりするトラブルが起きる可能性があります。4輪は安定して体のそばで運べるので事後が起きにくいのがメリットです。

おすすめ商品

バンガード「ALTA FLY 58T」

ALTA FLY 58T」は4輪のローラーを搭載しており、安定感のある大型のバッグです。また背負うことも可能です。一眼レフ1~2台、レンズ4~6本、フラッシュのほか、14インチのノートPCとタブレット端末を収められる収納性を確保しています。三脚の持ち運びも可能です。

おわりに

今回はカメラバッグの種類と選び方について紹介してきました。気になるカメラバッグがあるという方は是非買ってみて下さいね。カメラバッグを購入して良いカメラライフを楽しみましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たくたく

カメラマン兼ブロガー|29歳|大阪在住
在学中にカメラにハマり、休日はカメラを持っていろんな場所で撮影を楽しむアマチュアカメラマンです。主にフィルムカメラに関する知識をわかりやすく発信しています!
■フォトコンに多数受賞歴あり
■フォトマスター検定1級取得
■カメラ歴6年目

★撮影依頼やレビュー記事の作成や寄稿、被リンク依頼はお問い合わせフォームより承っています。