フィルムカメラ

『ILFORD XP2 Super400』の作例とレビュー

2022年11月9日

XP2 Super400

今回はモノクロフィルムだけどカラーフィルム現像処理を行うちょっと変わったフィルム『XP2 Super400』を紹介。
カラー現像(C-41現像)に対応しているモノクロフィルムは数が少ないですが、そのメリットやXP2 Super400で撮影した作例などを記事にしました(^-^)

ILFORD XP2 Super400の特徴

ILFORD XP2 Super400

XP2 Super400』は、低コントラストで柔らかい表現が可能で、灰色系の色味が特徴的です。ISO400である程度ノイズの乗りも目立ちますが、そこに一昔前のフィルム感が表現できて良いモノクロフィルムだと思います。

またモノクロフィルムながら現像処理はカラー現像(C-41現像)に対応しているためお店に現像を依頼すれば通常のモノクロ現像よりも安く、短納期でやってくれるところが多くメリットがあります。
ネット現像だと通常のモノクロ現像では1000円前後かかりますが、カラー現像(C-41現像)だと安いところで400円前後で実施してもらえるので、現像コストを抑えることができますね(^-^)

この『XP2 Super400』の特徴をまとめると以下のようになります。

特徴

低コントラストで淡い描写。

灰色よりの発色。

カラー現像(C-41現像)に対応しているため現像処理が安くて早い。



ILFORD XP2 Super400の作例

実際に『XP2 Super400』で撮影した作例を紹介します。

使用カメラ:Rollei35S

おわりに

今回は『XP2 Super400』のレビューと作例を紹介しました。
モノクロフィルムだけど、カラー現像できるちょっと変わった『XP2 Super400』を紹介しました。お店現像であれば当日現像が可能で、値段もカラーネガと同様で処理できるお得なフィルムです。皆さんも是非使ってみて下さいね!


現行で販売されているモノクロフィルム一覧をまとめてみました。良ければこちらの記事も参考にして下さい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たくたく

カメラマン兼ブロガー|29歳|大阪在住
在学中にカメラにハマり、休日はカメラを持っていろんな場所で撮影を楽しむアマチュアカメラマンです。主にフィルムカメラに関する知識をわかりやすく発信しています!
■フォトコンに多数受賞歴あり
■フォトマスター検定1級取得
■カメラ歴6年目

★撮影依頼やレビュー記事の作成や寄稿、被リンク依頼はお問い合わせフォームより承っています。