フィルムカメラ

再販された『SUPERIA X-TRA400』の作例とレビュー

2022年11月4日

SUPERIA X-TRA400

2018年3月に販売が終了した『SUPERIA X-TRA400』がなぜかカメラのキタムラで入荷、販売されていました。
どうやら海外モデルを輸入して再販しているようです。他のフィルムも在庫が品薄の状況の中、このSUPERIA X-TRA400は大量ストックされていました笑。使ったことが無いフィルムであれば、気になる!おひとり様1個限りの販売だったので、1つ購入して試してみました。

SUPERIA X-TRA400の特徴

ultramax400

SUPERIA X-TRA400』の特徴は、クセのない写りが挙げられます。特に暖色に寄ったり、ブルー系に寄ったりと色味が偏ることがなく落ち着いていて、ISO400ながらそれほどザラツキが乗るわけでもなく、フィルムらしいちょうどいい粒子感を感じることができます。
撮影時に「光」がしっかり当たっている場合では特に目を見張るものがあります。
カメラ初心者の方でも「フィルムの奥深さに惹かれる入り口」として、『SUPERIA X-TRA400』オススメです。

簡単に『SUPERIA X-TRA400』の特徴をまとめると以下のようになります。

特徴

落ち着いた色合い。

レトロな味わいを感じられる。

ちょうどいい粒子感。



SUPERIA X-TRA400の作例

実際に『SUPERIA X-TRA400』で撮影した作例を紹介します。

使用カメラ:Nikion FE
使用レンズ:Nikkor 50mm F1.4

使用カメラ:KODAK EKTAR H35

おわりに

今回は富士フィルム『SUPERIA X-TRA400』の作例、レビューを紹介しました。
日本での生産は終了して今ではあまり流通されて異なかもしれませんが、運よく海外からの仕入れがあれば店頭で置いている場合があります。もし見かけたラッキーな方は1本試してみてはいかがでしょうか(^-^)


現行で販売されているカラーフィルム一覧をまとめてみました。良ければこちらの記事も参考にして下さい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たくたく

カメラマン兼ブロガー|29歳|大阪在住
在学中にカメラにハマり、休日はカメラを持っていろんな場所で撮影を楽しむアマチュアカメラマンです。主にフィルムカメラに関する知識をわかりやすく発信しています!
■フォトコンに多数受賞歴あり
■フォトマスター検定1級取得
■カメラ歴6年目

★撮影依頼やレビュー記事の作成や寄稿、被リンク依頼はお問い合わせフォームより承っています。