Column

『写ルンです』で撮ったようなフィルムライクな写真に仕上がる無料アプリを3つ紹介

2022年8月8日

フィルムライクな写真に仕上げるアプリ

今人気が再燃しているフィルムカメラブーム。フィルムの値段が高騰している中でデジタルカメラやスマホであえてフィルム風な写りに仕上げるレタッチが流行っています。

フィルムカメラで撮ったようなエモい写真に仕上げたい」「スマホカメラでノスタルジックな写真を撮りたい」といった声に答えるように今フィルムカメラ風の写真が撮れるアプリが多数出ています。その中でも私が実際に使ってみて魅力的と感じたアプリを3つに絞って紹介します。どれも無料のアプリですので気軽にダウンロードしてみて下さいね。

フィルムライクな写真に仕上がる無料アプリ

HUJI Cam

1998年のフィルムカメラを再現したカメラアプリ「HUJI Cam」です。Fujifilm写ルンですのようにファインダーを覗きこむように撮影することができ、写真の雰囲気だけでなく撮影スタイルまでフィルムで撮影しているような感覚にさせてくれます。

フラッシュ機能をONにするとフレアがかかったような虹の光線がランダムで入るのもフィルムらしくて魅力的です。

細かいフィルター機能はなく、アプリ内で撮影した写真のみが適用されるためシンプルな使い方ができます。

HUJI Cam 作例

HUJI Cam 作例

Huji Cam

Huji Cam
開発元:Manhole, Inc.
無料
posted withアプリーチ

RNI Films

実際にあるフィルム、Kodak Gold200、Fuji Astia100F、Ilford Delta 400などがフィルターになっていて、どれを選んでもフィルムっぽく仕上がるフィルム加工アプリ「RNI Films」です。
明るさやコントラストなど細かい編集も可能で、自分の好みにより近づけることができます。

有料のフィルターパックもありますが、無料だけで使いきれないほどたくさんのフィルターが用意されているのでおススメです。

RNI Films 作例

RNI Films 作例

RNI Films 作例

RNI Films

RNI Films
開発元:RNI
無料
posted withアプリーチ

FIMO-レトロフィルムカメラ

「RNI Films」と同様に実際にあるフィルムを選択して写真を撮ることができる「FIMO – レトロフィルムカメラ」です。
フラッシュやレンズの切り替え、タイマーなど便利な機能が揃っています。またスマホで撮影するだけでなく既存の写真を取り込んで加工することができるので簡単にフィルム風写真を作成することができます。

FIMO – レトロフィルムカメラ 作例

FIMO – レトロフィルムカメラ 作例

FIMO – レトロフィルムカメラ 作例

FIMOレトロフィルムカメラ

FIMOレトロフィルムカメラ
開発元:JUSTMAE Technology PTE. LTD
無料
posted withアプリーチ

Lightroomでフィルム風のレタッチに仕上げる方法について

無料のアプリは非常に便利で簡単にフィルム風の写真に仕上げることができますが、より細かく自由に調整したいという方はこちらの記事で解説しているので参考にしてみて下さい。

合わせて読みたい
Lightroomで『FUJICOLOR PRO 400H』風の涼しく爽やかなフィルム風レタッチしてみた!

『FUJICOLOR PRO 400H』をInstagramや他ブログ等の投稿を見てみると独特な淡い青色が乗っている爽やかで落ち着いた写りのあるフィルムの印象です。 ですが残念ながらフィルム需要の落ち ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たくたく

カメラマン兼ブロガー|29歳|大阪在住
在学中にカメラにハマり、休日はカメラを持っていろんな場所で撮影を楽しむアマチュアカメラマンです。主にフィルムカメラに関する知識をわかりやすく発信しています!
■フォトコンに多数受賞歴あり
■フォトマスター検定1級取得
■カメラ歴6年目

★撮影依頼やレビュー記事の作成や寄稿、被リンク依頼はお問い合わせフォームより承っています。