Column

シャッター速度の設定について!撮影シーン別の目安のシャッター速度は?

2022年1月9日

カメラの撮影でプログラムオートモードや絞り優先モードで撮影していて「なんか撮りたい写真と違うなあ」「もっと躍動感ある写真が撮りたいなあ」と思ったときはありませんか?

そんなときはシャッター優先モード(Sモード)にしてシャッター速度をコントロールしましょう。
シャッター速度を変えることで、躍動感ある写真、夜景の幻想的な写真など様々な表現が可能になります。今回はシャッター速度別に撮影できる表現や作例を紹介します。

シャッター速度はシャッター幕の開く時間を変えて、撮像素子に当たる光の量をコントロールする部分です。大体のカメラは最高速度1/4000~1/8000秒で最長は30秒が一般的です。
また「B」と書かれているダイヤルはバルブモードといい、シャッターを押している間ずっとシャッター幕が開いた状態にする設定です。

シャッター速度:1/1000s以上

水しぶきや新幹線、飛行機などの速い乗り物の動きを止めることができます。人間の目と脳では処理できない一瞬の動きを止めることができるためカメラならではの表現が可能です。

気をつけたい点としてシャッタースピードが速くなるほど、光を取り込む量が少なくなる。画面が暗くなる、ノイズがのるなどに気を付けましょう。どうしてもシャッタースピードを速くしたいときは明るい大口径レンズを使用する。またはISO感度を上げることで対応しましょう。

撮影例)新幹線、飛行機、水しぶき、野鳥、、

千里川土手

カワセミ Kingfisher

Shinkansen Series 300 with Mt.Fuji

シャッター速度:1/500s以上

動物や車窓から見える景色、運動会で子供を撮影する場合などは1/500s以上で撮影すればブレずに撮影することができます。日中の屋外で撮影すればISO感度も低く抑えられ画質の良い写真を撮ることができます。

撮影例)野鳥、動物、走る犬、電車の窓からの風景、子供のスナップ撮影、、

Run dog run!

車窓

Footprint

シャッター速度:1/8s~1s

シャッター速度は遅めになってくるためここからは普通に手持ち撮影するとほぼ確実にブレます。スローシャッターによる車や電車の流し撮りや夜の車の光跡を残したりと幻想的な写真に仕上げたい場合に使用します。

撮影例)電車や車の流し撮り、飛行機や車の光跡、川や滝などの水流、、

流し撮り

2019.8.17 羽田空港第1ターミナル展望台 HND/RJTT NH/ANA Boeing 777-300 JA752A International Airport Japan runway 16L Deperture

Falls Creek, WA

シャッター速度:4s~30s,B

シャッター速度はかなり遅めです。手持ち撮影では確実にブレてしまうため、三脚でカメラをしっかりと固定する必要があります。写真でしか味わえない別世界に入ったような幻想的な表現が可能です。満点の星空、花火、滝などの水流、車の光跡を撮影する場合に使用します。

撮影例)満点の星空、花火、滝などの水流、車の光跡、、

星空
花火 [HANABI]
Untitled

カメラを始めたころはオートモードや絞り優先モードなどを使いがちであまり「シャッター優先モード」は敷居が高いイメージがあります。
ただ使えるようになると躍動感ある写真や流し撮りなど表現の幅がぐっとあがり上達に繋がります。是非一つ一つ試してみて下さいね。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たくたく

カメラマン兼ブロガー|29歳|大阪在住
在学中にカメラにハマり、休日はカメラを持っていろんな場所で撮影を楽しむアマチュアカメラマンです。主にフィルムカメラに関する知識をわかりやすく発信しています!
■フォトコンに多数受賞歴あり
■フォトマスター検定1級取得
■カメラ歴6年目

★撮影依頼やレビュー記事の作成や寄稿、被リンク依頼はお問い合わせフォームより承っています。