フィルムカメラ

Kodak『Ektar100』の作例とレビュー

Kodak Ektar100

「世界最高の粒状性」と巷で噂されている高級フィルム「Ekatar100」。
カメラのキタムラに1本だけ残っていました。やはり人気が高いのでしょうか、普段使用しているフィルムの2倍以上するもので、買うのに躊躇しましたが以前より高級フィルムが気になっていたので使ってみました。

Ekatar100」の特徴や作例などを紹介します!

Ektar100の特徴

Ektar100

プロフェッショナル用のフィルムとしてKodakから発売されている『Ektar100』。

値段が少々お高くフィルムを始めたばかりのユーザーにとっては敷居の高いフィルムかもしれません。「世界最高峰の粒状性」を持つと噂されそのきめの細かさやクリアな描写はデジタルで撮影したかのようです。

特に赤系の発色が良く、油絵で描いたような鮮やかな色味が特徴的。

簡単に『Ektar100』の特徴をまとめると以下のようになります。

特徴

Kodakのプロ用高級フィルム。

油絵で描いたようなビビッドカラー。

滑らかでクリアな描写。


Ektar100の作例

実際に『Ektar100』で撮影した作例を紹介します。
街や山の木々が赤や黄色に色づき始めた紅葉シーズンに奈良の十津川村に撮影に行ってきました(^_^)/

使用カメラ:Nikion FE
使用レンズ:Nikkor 50mm F1.4/ Nikkor 35mm F2

おわりに

今回はKodak『Ektar100』の作例、レビュー記事でした。
プロ用高級フィルムということもあり、他のフィルムにはない発色の良さやきめ細かい粒状性が魅力的でまるでデジタル写真のような写りでした。普段使いとまではなかなかできない価格ですが、特別な日やイベントなどで使用していきたいですね。

カメラ屋さんに行けば大抵ストックされていて入手性はGoodです、皆さんも気になった方は是非使ってみて下さいね!!


現行で販売されているカラーフィルム一覧をまとめてみました。良ければこちらの記事も参考にして下さい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たくたく

カメラマン兼ブロガー|29歳|大阪在住
在学中にカメラにハマり、休日はカメラを持っていろんな場所で撮影を楽しむアマチュアカメラマンです。主にフィルムカメラに関する知識をわかりやすく発信しています!
■フォトコンに多数受賞歴あり
■フォトマスター検定1級取得
■カメラ歴6年目

★撮影依頼やレビュー記事の作成や寄稿、被リンク依頼はお問い合わせフォームより承っています。