Daily

オールドレンズを取り付けて四天王寺をお散歩撮影してきた【Super Takumar 55mm F1.8】

2021年12月12日

たまには神社やお寺でのんびりするのも良いものですね。
会社の有休をもらってのんびりお寺で心を落ち着かせる一日にしました。
自宅から自転車で数分のところに四天王寺があるのですが、実は今回訪れるのは初めてです(^-^)天王寺エリアはハルカス周辺や天王寺公園などが賑わっており、少し人気エリアから離れた四天王寺はあまり訪れる機会がありませんでした。

お寺で心を清めて、カメラ片手にお寺スナップ撮影してきましたので四天王寺で撮った写真を紹介したいと思います。

今回使用したレンズはこちら。
「Pentax Super-Takumar 55mm F1.8」です。お寺など歴史ある街並みを撮るにはオールドレンズがいいかなあと思って、こちらを相棒Sony α7RⅢに取り付けて撮影しました。

ちなみにこちらのスーパータクマー55mm F1.8は後期型のものになります。市場にたくさん出回っており、メルカリで6000円ほどで購入しました。またこちらのレンズの詳細については別途記事を書いていこうと思います(^-^)

ギャラリー

ここで紹介する写真はすべて撮って出しのJPEGになります。
カメラのホワイトバランス設定はオート。コントラストを+3、彩度を-1に設定して、味濃いめの設定に固定して撮影しています(/・ω・)/

立派な石鳥居をくぐり、境内に入ります。昔はこの鳥居の西側は海だったようです。

極楽門。

境内にあるイチョウが見ごろでした。カメヤローソクのベンチがレトロ感があって好きです。

シンボル的存在の五重塔。こちらは五階まで登れるみたいなのですが、一般の方は立ち入ることができないようです。

回廊。赤い支柱が立派です。

本日のマイベスト写真はこちら。

イチョウの木の下で、昼休憩をするおじいさんの姿にほっこりします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たくたく

カメラマン兼ブロガー|29歳|大阪在住
在学中にカメラにハマり、休日はカメラを持っていろんな場所で撮影を楽しむアマチュアカメラマンです。主にフィルムカメラに関する知識をわかりやすく発信しています!
■フォトコンに多数受賞歴あり
■フォトマスター検定1級取得
■カメラ歴6年目

★撮影依頼やレビュー記事の作成や寄稿、被リンク依頼はお問い合わせフォームより承っています。