Column

スマホやカメラでイルミネーションを玉ボケにして綺麗に撮るコツについて

2021年11月18日

今年も残すところわずか。朝晩の冷え込みが厳しくなってきて、もうすぐ冬だなあとしみじみ思います((+_+))
冬の風物詩といえばそう、イルミネーションですよね(^_^)/
今回は冬のイベントで定番のイルミネーションを綺麗に撮るコツについて紹介したいと思います。

イルミネーションの光を背景に玉ボケにする

このような写真が撮れます。

上記のような玉ボケ写真を撮るコツとしては、なるべく主題の被写体をカメラに近づけて、イルミネーションの光は被写体から遠くなるように構図を決めます。

玉ボケが綺麗にたくさん映り込み幻想的な写真に仕上がります。

あまりに主題の被写体に近づけすぎると、被写体にピントが合わなくなってしまうので、気を付けましょう。レンズによって異なりますが、被写体まで最短で撮影できる距離が決まっていて、それよりも近づいてしまうとピントが合わなくなるので注意が必要です。

またカメラの設定を変更できるときはF値をなるべく小さくしましょう。
F値が小さいほど背景がボケやすく、きれいな玉ボケにすることができます。
カメラメーカーによって異なりますが、AvモードやAモードという設定でF値を変更できます。

アレンジとして、スマホで一度撮ったイルミネーションの写真を主題に、背景を玉ボケにして再度カメラで撮るテクニックもあります。

こちらも簡単にできますので、是非皆さんも一度試してみて下さいね。

 

今回は冬の風物詩イルミネーションを綺麗に撮る方法を紹介しました。カップルやファミリーでイルミネーションの撮影する際に参考になれば幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たくたく

カメラマン兼ブロガー|29歳|大阪在住
在学中にカメラにハマり、休日はカメラを持っていろんな場所で撮影を楽しむアマチュアカメラマンです。主にフィルムカメラに関する知識をわかりやすく発信しています!
■フォトコンに多数受賞歴あり
■フォトマスター検定1級取得
■カメラ歴6年目

★撮影依頼やレビュー記事の作成や寄稿、被リンク依頼はお問い合わせフォームより承っています。