フィルムカメラ

手軽にフィルムカメラを楽しみたい方へ!約5千円で買えるコンパクトフィルムカメラを紹介【ILFORD SPRITE 35-II】

2021年9月22日

イルフォードスプライト35-Ⅱ レビュー

今回はフィルム交換型のコンパクトフィルムカメラ『ILFORD SPRITE 35-II』を紹介します。

写ルンですを初めて使ってみてフィルムカメラの楽しさを知った私はフィルムを交換できるカメラを探していました。店頭でいろいろ探していたら、なんともかわいらしいデザインのカメラを見つけたので思わず買ってしましました。

ILFORD SPRITE 35-II


ILFORD SPRITE 35-II」は楽しく簡単にレトロな写真が撮れる35mmフィルムカメラです。
エモい写真が気軽に撮れる代表的なカメラに「写ルンです」がありますが、このカメラも同様にフィルムをカリカリと巻き上げ、シャッターボタンを押すだけの気軽さが魅力です。

また写ルンですと違ってフィルムを交換できるので好みのフィルムを装着して気軽に撮影を楽しむことができますね。

レンズは焦点距離31㎜、F9の固定広角レンズです。またシャッター速度は1/120Sと固定です。

晴れた屋外での撮影に向いていますが、フラッシュを内蔵しているので屋内撮影でも不安なく撮影することができます。



どこかしらオールド感漂うデザインと色合いに惹かれました。
またプラスチックのおもちゃ感がまた良いです。

付属品はストラップのみなので、フィルムとフラッシュ用の単4電池1本が別途必要になります。

詳細は下記のHPを参照ください。
公式HP:ILFORD SPRITE 35-II

スペック

ILFORD SPRITE 35-II」のスペックはこちら。

名称 ILFORD SPRITE 35-II
レンズ構成 31mm、 F9、1枚構成
撮影距離 1m~無限遠(晴天屋外)、
1m~3m(フラッシュ使用時)
シャッタースピード 1 / 120秒
ファインダー視野率 70%
重量 122g
サイズ 119 (W) x 67 (H) x 44 (D) mm
カラー ブラックタイプ / シルバータイプ / ブラック&レッド / シルバー&レッド / ブラック&ブルー / シルバー&ブルー / ブラック&ティールグリーン / シルバー&ティールグリーン
フィルムフォーマット 135Film(24x36mm) ISO400 / 800推奨
カメラボディー ABS樹脂

外観

ILFORD SPRITE 35-II」の外観を紹介します。

まずはフロントから。シルバータイプのカラーを私は購入しました。レンズ部の丸みが可愛いです(=゚ω゚)ノ

ILFORD SPRITE 35-II 外観

裏側はこんな感じです。シンプルな作りですね。

ILFORD SPRITE 35-II 外観

裏蓋を開けて内部はこんな感じです。

ILFORD SPRITE 35-II 外観

フィルムを入れる際は、左上にあるダイヤルレバーを上に引き上げてから装着します。

ILFORD SPRITE 35-II 外観

フィルムをひっかける爪が二カ所あるので、爪にひっかけながらダイヤルをゆっくりと1周回してフィルムが空巻きします。

ILFORD SPRITE 35-II 外観

フィルムがしっかり外れないように巻き取れるのを確認してから裏蓋を閉じて、下のシャッター上にある数字をSと1の間に合うまでシャッターを空巻きすればフィルム撮影の準備完了です。
とっても簡単(=゚ω゚)ノ

ILFORD SPRITE 35-II 外観

フラッシュを炊くこともできます。単4アルカリ乾電池1本を装着します。

ILFORD SPRITE 35-II 外観

作例紹介

ここからは「ILFORD SPRITE 35-II」で撮影した写真を紹介します。
使用したフィルムはKodakから販売されているISO200の「Color Plus200」を使用しています。



大阪箕面市にある勝尾寺と箕面の滝にいった際に撮った写真です。天気は晴れでした。

深い緑ですね(=゚ω゚)ノ


どれくらいフレアが入るのか気になったので撮って見ました。予想通り盛大入っていますね。


温かみのある色合いが好きです。このコダックカラープラスは黄色味が強く出るような感じで、どこか懐かしさを感じます。


アユの塩焼き。屋内のすこしでも暗いところだと黒つぶれが目立ちますね。


箕面の滝。

ここからは難波の街並みをスナップ撮影した写真を紹介します。


黄色い車と黄色い看板が良い感じに配置されていたのでパシャリ!

道頓堀の街並み

おわりに

今回は『ILFORD SPRITE 35-II』のフィルムカメラを紹介しました。

写ルンですと違ってフィルムを交換でき、またポケットに入るくらいのサイズ感で気軽にお出かけした際にカシャっと撮影できるのが魅力です。

5千円を下回るお手頃な価格になっているので、初めてフィルムカメラを使う方にも手に取りやすいおススメ商品です。是非一度使ってみてはいかがでしょうか。




最後までご覧いただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たくたく

カメラマン兼ブロガー|29歳|大阪在住
在学中にカメラにハマり、休日はカメラを持っていろんな場所で撮影を楽しむアマチュアカメラマンです。主にフィルムカメラに関する知識をわかりやすく発信しています!
■フォトコンに多数受賞歴あり
■フォトマスター検定1級取得
■カメラ歴6年目

★撮影依頼やレビュー記事の作成や寄稿、被リンク依頼はお問い合わせフォームより承っています。