Daily

TAMRON 17-28mm F2.8で星空撮影に出かけた話【北海道ニセコ町】

2021年10月31日

ニセコ町で星空撮影

今回は星空の撮影には初チャレンジしたので皆さんに紹介したいと思います。
天気や場所などがうまく合わないとなかなか撮影が難しい星の撮影。素人ながらとりあえず自分の持っている知識のみで撮って見ました。温かい目でご覧ください。

10月9日のほぼ新月のタイミングで北海道ニセコ町にて撮影を行いました。
ニセコ町は北海道の中でも星空指数が高く星が綺麗に見えることで有名だそう。当日は雲も少なく、空気も澄んでいたので絶好の星撮影日和でした。

車で街灯や街明かりの少ない場所を散策して、撮った写真がこちら!

流れ星??

撮影時に意識したことは、F値を下げてシャッター速度をできるだけ上げました。
またマニュアルフォーカスで無限遠にピントを合わせて撮りました。

少し星がぼやけて映っているのが残念((+_+))星を点で捉えることができていなかったようです。

後々他サイトで星空撮影の基本的な設定を参考にしましたが、下記のような設定が良いようです。
「ISO1600、絞りF2.8、シャッター速度10秒」。
参考サイト:【星景の撮り方①】星空はどうすればきれいに撮れるの?

レタッチもしてみました。

SonyILCE-7RM3+E17-28F2.8  F3.2,SS25s,ISO1600


SonyILCE-7RM3+E17-28F2.8  F3.2,SS25s,ISO1600

レタッチで多少星が鮮明に映るようになりましたが、やはりシャッタースピードを確保しすぎて星がブレているように見えるのが残念です。次回撮影時に注意して再チャレンジしたいと思います。(*'ω'*)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たくたく

カメラマン兼ブロガー|29歳|大阪在住
在学中にカメラにハマり、休日はカメラを持っていろんな場所で撮影を楽しむアマチュアカメラマンです。主にフィルムカメラに関する知識をわかりやすく発信しています!
■フォトコンに多数受賞歴あり
■フォトマスター検定1級取得
■カメラ歴6年目

★撮影依頼やレビュー記事の作成や寄稿、被リンク依頼はお問い合わせフォームより承っています。