Camera&Lens Column

1本買うより10本借りよう!カメラのサブスクGooPass(グーパス)の特徴や登録方法、実際に利用して分かったメリット・デメリットとは!

2022年7月19日

GooPass

カメラやレンズって高価な割に「実際に購入したけどあまり使わなかった」「すぐに売り払ってしまった」なんて経験ありませんか?
高価なレンズを購入する前に好きなだけ使えるサービスが実はあるんです!

今回はカメラやレンズのサブスクサービスを行っているGooPassを紹介します。

実際に私も利用していて非常に満足しています。月々定額料金でいろんなレンズを試すことができるため、撮りたい撮影の幅が広がったり、すぐにレンズを手放すという無駄な出費を抑えることに繋がったりと良いことがたくさんあります。

そんなGooPassというサブスクサービスの特徴、登録方法や利用するメリットデメリットについて解説します。

GooPassとは

GooPassの特徴


GooPassとは、月額制でカメラ機材を入れ替え放題できるサブスクサービスです。
カメラ本体だけでなく、レンズやアクションカメラ(Gopro)、ドローン、カメラの周辺機器まで多数取り扱っています。
その数はなんと約1500種類以上です。

主要なカメラとレンズに関しては、どこのカメラレンタルよりも種類が豊富でプロのカメラマンも気になる最新の機材からカメラデビューしたばかりのカメラ初心者向けのカメラとレンズキットなど選べる種類も豊富です。

カメラを購入するほど頻繁に使用しないけど、結婚式や旅行など特別な機会に本格的なカメラを使用したい時にも便利なサービスです。

ジャンル

Goopass HP

メーカー

Goopass HP

利用料金

GooPass月額サービスです。
最短の契約期間は1か月で、契約は1か月ごとに自動更新されます。

通常のレンタルのイメージだとレンタルする前にレンタル期間を設けていますが、GooPassでは機材の返却期限は設けておらず、好きなタイミングで商品の交換ができます。

レンタルをしてみてこの機材良いなあと思ったら長く使うこともできるし、同月内で様々な機材を使って交換することもできます。

自分にあった利用手段に合わせて使うことができるのがGooPassの魅力ですね。
また契約PASSを追加することで最大3つまで同時に借りることができます。

月額料金(月額PASS)は、商品のランクに合わせて選ぶことができ全部で10段階あります。

契約しているPASSのレベルと同じランク以下の商品をレンタルできます。

お得な1weekレンタルとは??

1Weekレンタルとは、対象の機材を最長1週間に限りレンタルすることができ、入れ替え放題レンタルの場合に必要な契約PASSよりも下位のレベルの契約PASSで利用することができるオプションです。契約PASSランク3以上の商品がすべて対象となっています。

例えば、以下のSonyα7Rとシグマ28mmF1.4の商品が通常だとランク4からレンタル可能ですが、1Weekレンタルだとランク2の契約PASSで借りることができます。

往復の送料は月に何度交換しても無料です。

ただ注意点として、
①商品が届いた箱は捨てない。
⇒付属の着払い伝票出なければ送料無料とはなりません。

②同月2回目以降は、梱包料が1500円+税かかる。
⇒送料は何度交換しても無料ですが、盲点なのが梱包料。1配送ごとに1500円+税がかかります。

毎月1回「梱包料無料チケット」と呼ばれるものが会員に付与されるため月1回の交換であれば梱包料はかかりません。

実際に利用してみた

ここからはGooPass愛用者の私が実際に登録からレンタル、返却までの流れをお伝えします。

新規会員登録

GooPassのHPから新規会員登録をします。
GooPass 新規登録の方法
登録したいメールアドレスとお好きなパスワードを設定して送信。

登録したメールアドレスに「【GOOPASS】 仮登録完了および本登録のお願い」のメールが届くので、本文記載のURLをクリックして本登録に入ります。

次に本人情報の登録です。
先程登録したログイン画面から「本人情報の登録へ」というボタンがあるので、そちらから本人情報を登録します。
GooPass 新規登録の方法

次に契約したいPASSを申し込みます。
私が欲しかったレンズが「Rank1」の富士フィルムXFマウントのレンズだったので、契約するパスは「レベル1」です。
GooPass 新規登録の方法
GooPass 新規登録の方法

GooPass 新規登録の方法

「レベル1」のパスを契約しただけでは「仮契約中」となります。実際に商品を選んで注文することで初めて契約が開始され、月額料金が発生していきます。料金の発生タイミングは初回に商品が発送された日から開始となります。詳しくはGooPassの公式HPの詳しい説明はこちらから。

「フジノンレンズXF35mmF2 R WR」というレンズをレンタルしてみました。
商品到着希望日時の指定も可能です。

機材の到着と現物確認

GooPassからレンズが到着!
GooPass 商品到着

段ボールにも到着した時や返却時に確認するべき注意事項が明記されているので安心です。

GooPass 商品到着

付属商品がすべて揃っているか、レンズが正しく動作するかなどを確認します。もしなにかしら不具合や付属品が揃っていないなどあれば、商品到着から3日以内にGooPassへ連絡すれば初期不具合として修理負担なしで取り扱ってもらえます。

輸送中に壊れないように厳重に梱包されていますね!
GooPass 商品到着

レンズプロテクターやフードなどすべての付属品にGooPassのラベルが張られているため、もし同マウントのレンズを所有していて混ざりこんだとしても安心ですね!

GooPass 商品到着

こちらの箱は返却する際に使用するので捨ててしまわないように注意してください。

着払い伝票も同封されているので、こちらを使用して発送しないと送料が無料とはならないので気を付けましょう!

機材の交換と返却

交換について。

他にも試してみたいレンズがたくさんあるので、Passの契約は継続したまま商品の交換をします。

GooPassのHPから再度ログインして交換の手続きを行います。

あとは先程確定前に画面に表示されていた「入れ替え予約有効期限」までに今手元にある商品を返却すればOKです。

返却について。

レンズや付属品がすべて入っているか確認して段ボールに梱包します。特にカメラをレンタルした場合はSDカードを抜き取ることを忘れないように気を付けてください

着払い伝票が張られている面を上に段ポールを折り返して封をします。
GooPass 商品 返却

あとはヤマト運輸へ集荷依頼するか近くのコンビニへ返却すれば完了です!

私が思うGooPassを利用するメリット・デメリット

実際にGooPassのサービスを利用してみてのメリット・デメリットは以下の通りです。

高価なレンズやカメラを購入する前に試写できるので、購入時の失敗が無くなる。

私が抱えていた問題をズバッと解決されたポイントです。

購入する前は欲しいと思っていてもいざ使ってみたらレンズが予想以上に重たくて、使うのが億劫になってしまい防湿庫に眠っているレンズが何本かありますが、このGooPassでサブスクという形でレンズを使用できるため、高価なレンズを購入する前にそのレンズの使用感やメリットデメリットを自分で感じて気に入れば購入しようと思えるので購入時の失敗を無くすことができます。

いろんなカメラやレンズを楽しむことができる。

GooPassはサブスクという形で自分が交換したいタイミングで何度でもレンズやカメラ機材を交換することができるので、いろいろなレンズを楽しむことができるのが魅力的ですね。

交換する中でやっぱりこのレンズ良かったなあとリピートしたいレンズがあったとしても再度レンタルも可能です。

私のように新商品が出たらすぐに気になって購入する衝動に駆られるレンズ沼の方にもおススメのサービスです。

使いたいレンズや機材がレンタルされていて借りれない場合がある。

GooPassでは、他のレンタルサービス会社と比較しても新商品などをいち早く取り揃えている印象がありますが、人気で在庫がない場合も多々あります

サブスクという返却期限が設けられていない形態上致し方ない部分はあるかもしれませんが、他のユーザーからも同様の声が上がっている場合はGooPass側で何かしら対策してもらえるかもしれません。

いざ使いときに使えない場合を備えて、他のサブスクやレンタルサービスにも登録しておけばリスク回避につながります

気になる保証制度

カメラに限らずレンタル品を利用する際に気になるのが「保障制度」ですよね。
カメラやレンズは精密機械でちょっとした衝撃や落下でも傷が入ったり、故障の原因になったりします。
GooPassの保証制度は以下のようになっています。

・通常のご利用状況下においての修理費負担なし
・不注意の破損も負担額はランク1の場合税込2000円。ランク2以上の場合は免責上限税込5000円
・盗難の場合は速やかに警察署に連絡を。紛失の場合は補償対象外。

高いお金を払う前にお試しで利用したのにかえって高いお金を払う羽目にならないように要チェックです。

また機材到着時の故障・不具合は到着後3日以内の連絡であれば「初期不具合(修理負担なし)」として取り扱ってもらえるようです。

GooPassがおすすめな人

GooPassのサービスの特徴やメリットデメリットを踏まえて、私が思うGooPassを利用してほしい人は以下のような人です。

GooPassがおすすめな人

様々なカメラ機材を使ってみたい人

レンズ沼に陥って金欠な人

最新のカメラ機材を使ってみたい人

カメラをよく利用するヘビーユーザーや最新機材をいち早く試してみたい方にはすごくGooPassはお得なサービスです。

逆に2泊3日程度の旅行でちょこっとカメラを使いたい方や、あまり頻繁にカメラを使わない方にはGooPassではなく、他のレンタルサービスを利用した方が良いと思います。

おわりに

今回はカメラやレンズをサブスクできるサービスGooPassの紹介と実施に利用する流れやメリットデメリットについて紹介しました。
カメラやレンズを購入したいときに高価でなかなか手が出なかった商品などを安く、失敗せずに利用することができるので私はこのGooPassを現在も利用しています。

1か月もレンタルすれば十分にその機材が本当に欲しかったものなのか分かりますね!そこで欲しくなれば実際に買うも良しです!

レンズ沼にハマっているカメラ好きの方や初めてだけど旅行などで気軽に高価なカメラを試したい方に一度利用してほしいサービスです。この記事を読んで少しでもGooPassが気になった方は検討してみて下さいね!(=゚ω゚)ノ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たくたく

カメラマン兼ブロガー|29歳|大阪在住
在学中にカメラにハマり、休日はカメラを持っていろんな場所で撮影を楽しむアマチュアカメラマンです。主にフィルムカメラに関する知識をわかりやすく発信しています!
■フォトコンに多数受賞歴あり
■フォトマスター検定1級取得
■カメラ歴6年目

★撮影依頼やレビュー記事の作成や寄稿、被リンク依頼はお問い合わせフォームより承っています。